2007年02月19日

怒り発作やっぱり3時

夜中の3時に目が覚める。もう〜寝てるときにやめてほしいと思う、内側が焼けるような解き放てないみたいな怒りの動悸、大事な大事なものを奪われたみたいな、手に入れる以前に奪われてたみたいな、絶対的に足りていない苦しさ、世界への怒りのようなもの、叫べない叫び、どうしても振り下ろせない拳、完全に壊してしまいたかったのに。

そしていつかに戻って手に入れることがもう叶わないだけじゃなく、たぶん目の前のいま手に入らないものがあることに、たぶん過去の何かと同じくらい手に入りそうにないものを、ほしがっていることに、考え至った、そんなこと気付かない方がよかったような気もすんだけど、、、そんなこと、とうにわかっていたこととも思うんだけど。

それもこれも、呼吸器系の弱い、夜の発作にうなされての妄想、それだけに。

体の具合に左右される神経と、神経の命令にて動悸を起こす心臓と
どっちも本当でどっちも妄想
posted by みっこ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

触りたくなるほっぺ

洗顔料なぞ使わずに、蒸すんですってよ蒸しタオルでね、そうしたらお肌の調子がすこぶるいいわけ、何日もドクドクしていたでかいおでこのニキビが翌朝しゅんとなっていたっつって、それ以来、洗顔料は減らなくなりました、ぬるま湯のみで洗ってタオルで蒸してたら、頬の毛穴も縮んできたし、なんか白くなっている感じもするし、手触りもいいのでついつい触ってしまいますよ。
posted by みっこ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

2月というだけの夜

何もないから誰もいない
ただ2月というだけの夜

カラッポの水槽は悲しいから
カラッポのギターケースと外に出した
なのに少しもカラッポがなくならないのは
鏡を見なくてもわかってること
posted by みっこ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

S

ゆらゆら動きやがる、高くそびえてやがる、その後頭部に蹴り入れたくなるオレが、チッと舌打ちしてるオレが、そんなことに腹を立てている自分に腹が立つんだよ、どうにかしろ。

そのSの意味に、その声の意味に、涙が出て、シンクロニシティとは、ただの偶然じゃないのだぜ。そういうことになにかしら感じることもまたどこかではばからしく、おそろしく、すばらしい、ああなんてばからしい。

あれから何年経ったのだろうかと考えてみたけど、数えられなかった、なんとしても数字が合わないし、なんどはじめから数えてみたって、その始まりからして基準点を相対的にしてしまっているゆえに。おめたちが何歳になるのかはわかっているのだがなあ。今自分が何歳なのかもわかっているのだが、あの時私は何歳だったかがいまひとつわからない。そういう数え方で生きてきてないからして、たぶん。そういう意味では、私が自分でわかんなくなっちゃうので、純粋に記録として気まぐれにこうやってなんか書き付けているのも、たまにはなんかの役に立つかしら。でも、あれが何年のことでその時私が何歳だったかなんてそれほど重要なことでもなさそうだけどもね。

この空洞がずっとついてくるので、たったひとつのオレの味方だということにしようかと思う。
愛していないし、恋していないし、感謝とかもわからないのですが、とにかく、このままならば、なるべくこのままでしょう。わかっているのは、それだけ。

そうだった、自分が選んできたのだった、ずっとずっと、

スパイラル。少しずつ何かに近付いているんだろうか、なんてずっと前にも問うていただろ、いつまでもやっぱり同じ問いを持ち続けているみたいだ。別に上じゃなくてもいいんだ、進む方向は、なにか安心できる場所に辿り着けたらただそれだけでも、あるいは、もう終わり、とかなら、そこでもかまわん。

結局要らないのは愛で、一番欲しいのもまた、

人間がなんだか進歩なんて呪縛に絡まっているのは、いつまで続くんかなあ。
posted by みっこ at 00:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

そんなこんなで2月ですってよ。

日々の穏やかな繰り返しにしあわせって感じるものなのかしら、私にはよくわからないのですが。なんてことを最近考えていたんだけど。
でも、なんかたいそうなことをやってるって、自分頑張ってるって感じじゃないといけないみたいな強迫観念抱えてるのは病的だってのはわかるんで。しかもそれってたぶんなんかを埋め合わせるためのはずなんだけど、結果としてなんにも埋まっていやしないってのが、おおかたの現実であって。
この中途半端な気分。やっぱり空洞を持ったまま、人間の体引きずってどこかまで。
posted by みっこ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。