2006年03月28日

スイッチ

生きててもしょうがないとか、生きてる意味がわからないとかいうのも、オールグッドじゃないから全部を拒否したいということのあらわれだと思い至る。いろんなことがあるのが生きてるということだとある部分ではわかっているんだでも、根底ではそれを拒否しているから結局こうなるんだろう。いろんな出来事が全部繋がっていてひとつ引っ張るとずるずると他のものまでが現れてきて、たぶんその中にダメなモノが混ざっていたら繋がっているもの全部拒否することになる。ここはイイ、ここはダメ、と選別できず、ここがダメ、そんでこれに繋がっているところは全部ダメってことになってしまう。
拒否しないように、行動化しなくてすむように接続を切って過ごす。いちいち反応したり行動化してしまうとどっと疲れるから。しかもその行動化は私にはまったき無意味のかたまりなのにである。自分にとって別に重要ではない場面で過剰に疲れる必要はない。ただ、だからといって周囲の人たちまで巻き込むのもまた不必要なんで。そうするとそのしばらくの間だけでも心が黙っていればいいわけだろ。
しかしそれはどっかで意識していないと不意に繋がってしまったりするのもなので、切ってても十分疲れはするのだがね。
posted by みっこ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

この全部を隠してしまったらいいじゃん。

全部背負おうとしてるんではないですか、自分に関係ないことまで。
自分が属するなにかの類の全部の代表のようにいつも感じているんじゃないですか。そんなの疲れるに決まっている。最初から不可能なことをしようとしている。神様かなんかにでもなろうとしてるんですか。

自分がそうしたいとかじゃなくて、なんかに引っ張られるように、なにか知らないがなんかがいつも私をそっちへ引っ張ろうとする。そんなとこへは行けないよ、行きたくないのに、引っ張るの、それは私が引っ張るのだ。私は全部から隠れてしまいたい。

本当にナゾ、なんなのこれ、この人生というのはなんなの。

もうちっとそのくうの、どこでもないところのどこかにとどまる術をどなたか私に授けてはくれまいか。

もうたいがいが失敗の連続だっていうのにわかってない。私はまだ間違えていないと思いたいのか、果たして本気でそう思っているんだってば。
posted by みっこ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

さんざん大騒ぎしてとっとと去りましょうよ。

私も一緒に!と思わず叫びたくなった。そんな安堵できる場所があるならば!悪魔と一緒でもいいよ。どっちにしたってもう狂っているんだから!こんなばか騒ぎはもう要らない。私も一緒に!一緒に!

時間を隔てた二つの物語は並行して進み、物語は最後に出会う。
ああ、雨。もう一回覗いてみようじっくりと。
これは悲劇でもなんでもない。

神がいないのなら悪魔もいない、世界を善で埋め尽くそうという夢想は破滅に繋がりそうなんである。
もう説教臭いことはやめてくださいよ。わかった風な言い方はやめた方がいいよ、だってわかんないんでしょ、そういうふうに言ってみたいだけでしょ。そんなビクビクしてさー。そんな騒ぎに挑んでいるんだからそれだけで十分じゃねー?うるさいうるさい、ちょっと黙ってて。


もう一度会いたいなんて言わなかった。消息さえわかるならそれで。悪魔のもとへでも。だけど最後にはそんなことを頼むことさえできなかったのはそれは私のことだから。そう、自分の生命そのものを左右するほどの熱を持ってして欲しくてたまらないものを、人に頼んで手に入れちゃってそれでいいのか?
だけども、神様に祈ってみようと思ったんなら、神様に祈るのも悪魔様に祈るのもおんなじことだよ。おんなじこと。
posted by みっこ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

おいしいごはん

医食同源。
とりあえず毎日栄養たっぷりのおいしいご飯を食べてたら、そのうち元気いっぱいになりそうな気がするよ。旬の野菜はおいしいだけじゃなくて一番栄養があるんですから!それを無視して生きてきちゃ人類も先は長くない。健全な身体に健全な心。この私という人間を形作っているのは、目に見えないものばっかりじゃなくてよ。いろんなこと考えすぎるのやめて、今日のご飯のこと考えよう。
posted by みっこ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

お先に失礼します

眠りの質が良くなったようで、朝の不快感が軽減した。別に眠れなくて困ってるってことはなかったんだが、確かに寝足りなくて困ってはいた。やっぱり寝れないからって単純に眠剤出されるのとは違うよなー。私すっかり漢方ファンだよ。昨日と今日は遅刻してませ〜ん!たった2日で自慢するな!

半夏厚朴湯はまだ効き目はわからん、今日も梅が喉に、梅が喉にーぃ!
ま、気長に様子見てみよう。

あー腹が立つ。ふつふつとイライラと。なんだろこれ。
直接原因は単純に考えてあの上司なのだ、それはそうだけどそれはいつものことで、そうじゃなくてなんかあるんだよな。あー、でもめんどーだから今日は帰ろう。心に帰ろうーー
posted by みっこ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だからさーもうやめていい?

がはははーと笑ったり、おめたちのおなかに顔をうずめてくんくんしたりする。

やっぱり世の中に出てくるときは心を置いてこないとやりきれない。まーこの小さい窓から置いてきたやつと接続するんだけど。
ウチのドアを開けたとき玄関におめたちが迎えに来ていて、やらかい毛で覆われたやつをなぜると帰ってきたなーと思う、心が私に帰ってきたなーと。


私はもう休みたい
あったかくして頭をなぜてもらって


なんで私は、あなたたちは、誰かがどっかで言ってたみたいなこうあるべきみたいことを主張したいのか。そういうところに引っ張られてしまうのか。私は時代と歴史と社会を考えて、必然性の感覚。

おいしいご飯を食べて笑っててもいつもずっとのどが詰まったように苦しい。そういうとき、笑いながらはっとして、。2枚ぴったり合わさって1枚の表と裏みたいに本当は2枚で
なんといってもこの断絶感が良くない気はしている。時間軸上での断絶感も、今現在の生活上の断絶感もまた。

一段抜かしであがりにしたいんだぜ、なんつって。ホントはそれでも一段ずつ登るよ、だって疲れるもん一段抜かし。
posted by みっこ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

のどが不快

世間に出てくるとちょっと悪化とか言ってたが、たまたま週末で調子良かっただけで、先週とたいして変わんないようだ。ほかほかはいい感じだけど。
のども動悸も不快であるのよ。春にやられてるってやつなんだろうか。まあ、まだ薬飲んで1週間だしな。
2回目の診察に行ってきて前回の処方で3回/日だった桂枝加竜骨牡蛎湯が2回/日+半夏厚朴湯1回/日になった。半夏厚朴湯、喘息・気管支炎などにも効果があるようで。先週アレルギー科に行き忘れて薬が残り少ないのでそっちにも効いてくれるといいなあ。

会社の先輩は長いことひどい偏頭痛に悩まされていて、あちこちの病院でいろんな検査を受けているが、結局「偏頭痛ですね。。。」なんて言われるだけで、ちっとも治りやしない。こないだテレビとかにも出ている有名な医者のところへ半日の待ち時間を耐えて診察に行ってきたらしいが、ものすごく横柄でいばった医者だったとさんざん文句言っていた。そんで自分が書いた本を買って読めとか言わんばかり、いや、ほぼ言っているに等しかったらしい。でも、次の予約を入れて帰ってくる辺りが私には理解不能。いくら評判が良くても、自分が日々苦しめられている症状がこれで治るのだとしても、それが100%治るという確証はないし、それなのにそんなイヤなヤツと会わないといけないと思ったら、私は他の医者を探すと思うけどなー。

たぶんそもそも、そこまでひどい症状に悩まされていてあちこちで検査しまくって原因がわからないっていうんなら、私だったらわりとあっさり心療内科なんだけど、違うんかね。ま、溜め込むタイプじゃないみたいだから、ストレスで病気になるなんていう概念がないのかもしれないが、しかしいくらそういう性格だからといってああいう上司と6年だか7年だか働いてるんだから相当な疲労が蓄積されているに違いないよ、身体的にも精神的にも。たまにそんな話題になった時は、ストレスのせいなんじゃないかと私はいつも力説するのだが、ピンときてないらしい。
そして今日は早退してまた横柄な医者のところへ旅立っていった。

人の通院の話を聞いて自分のことじゃないのにその医者に激しく嫌悪感を抱くので、自分のことだったらかえって病気が悪化しそうな勢いだよ。ダメだと思ったらとことん受け容れられないということの私の典型例。
posted by みっこ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

私が生きている世界とあなたが生きている世界は同じか違うか

生まれてきてよかったと思う?
私がある日突然死んだらやっぱり悲しいのですか?

そんな問いを背中に向かって飲み込む


いまどうしようもない虚無が私を睨んでいる
しかしこうして私はその感覚を言語化することでまた、
アイツを睨み返すことだってできるのだ


ああ、毎日身体だけで生きているようでしんどい

私は心を出発して体だけで生きるといつか書いたが、
LEAVE HEARTは心をおいていくとも言えるのかとふと気付く



待っていてほしい、緑と水の土地
私はきっと行くから待っていてね
posted by みっこ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

住処を整えたい話しからおめたちの話しに

最近、新しいベッドが欲しいとか洗濯機を買い換えて洗濯乾燥機がほしいだの、キッチンにワゴンを置いて整理したいとか、キーボードが欲しくなったり、なんだ物欲が旺盛。生活を整えたいみたいな衝動に駆られる。そういえば横置きで積み上がっていた本はブックエンドを数個購入し多少整頓した。

引っ越し当初おめたちが登って壁をバリバリにされそうになって即日撤収した洗濯機の塔(一般的な製品名はランドリーシェルフ?)は、苦節何ヶ月だ、、、やる気の問題だが、、、爪とぎ防止シートを壁に貼って再度組み立てた。てっぺんがお気に入りの場所だったかんこんは組み立ててる最中からじーと様子を見ていたが、完成間もなくゴトゴトっと洗濯機の揺れる音がして覗いてみると、天井までおよそ20cmしか隙間がないてっぺんにかんこんが既にいた。その後も数回登っていたが、昨日だいちんがジャンプする瞬間を目撃したところ、天井に頭を激しく衝突させながらてっぺんの隙間に飛び乗っていたという事実が発覚。そんな勢いでぶつけていたら真性のアホになっちゃうよ!心配したおかーさんたちはあわててそこにちょうど良くはまるカゴを購入し、何を入れるあてもないのだがとりあえずかんこん登頂を防ぐべく設置。
かんこんはもともと、アホだな〜♪(←褒めてんの、かわいがってんの!)って毎日言われているが、真性のアホになる心配をされたのはこれが2回目である。前回は紐の端っこをくわえて、もう一方の端っこを追いかけて箱の周りを延々とぐるぐる走り続けていたとき。ほっとくといつまででも、ふーふー息があがってもちょっと止まって、またすぐぐるぐるしていた。
ま、そのおかげで怠惰なくうちゃんほどには太っていないというわけなんだが。このところくうちゃん太りすぎの危機です。
posted by みっこ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか燃えるような代謝

先週の金曜日頃からなんだか体内がほかほかする。
ほてっているというのとは違うなんか心地よく燃えている感じ。
漢方薬の効果だろか、生姜も入っていることだし。
冷えが治るとイライラしたり不安になったりすることが減るらしいよ。
普段よりよく眠れているようで、夢は多少見るがヘンな疲れる夢はここのところ見ていない。
のどの詰まりと動悸はまだ残っている、もうちょっとな感じだ。
やっぱり週末はラクだった、なんかもう治っちゃった気になった。
でも世間にきたらまたちょっと悪化。


過去の人間関係との断絶感を思いながら、朝の階段を上りきったとき、嘘をつき通して手に入れる愛なら要らない、とヘッドフォンからひろの声が流れた。世間でよく聞く地元の友達と食事をしたとか、久しぶりに小中高ぐらいの仲間と集まったとかいう出来事が私のところには全然ない。ここ数年特にない。それは友達がいないとかそういうことではなしに、ま、友達がいないという言い方もまったくの外れではないんだが。その当時の自分自身と今現在の自分自身がひとつの線の上にいないという感覚。それは自分の全部がということではなく、その裏側か奥底か真ん中ら辺か知らないがそういうところにいつもいた自分はずっと繋がっている感覚があるが、表面で人と接していた自分は途中で切れている感じがする。今も自分が友達だと思っている数人、私が繋がっていたいと思う数人はその切れている自分ではなしに、繋がっている自分が付き合っていた人間なんだろうと思う。あるときにもう要らないやと思って切り離した、というか繋ぎとめる努力をやめた人間関係は、それを手放すことでそこに付随していた張り付いた私をも手放すことだったのだなあと、剥がれる自分がヘンな絵になってひらひら飛んでいくのが見えた。

なんか本の中からイトスギ、イトスギと話しかける総督を追い払い。昨日布団に埋まっていただいちんの顔が道化師のようだった。
posted by みっこ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。